在住者厳選!ジュネーブのおすすめ観光スポット8選

当ページのリンクには広告が含まれています。

レマン湖の西側に位置しており、古くからエレガントな保養地として人気の高いジュネーブ。

こぢんまりとした都市なので観光地としてはマイナーですが、美しい町並みや地域の産業に根差した博物館など意外と見どころも多いです。この記事ではジュネーブで滞在時間が短くてもせめてここだけは!と筆者が思うおすすめの観光スポットをご紹介します。

サクッと回れる規模なのでぜひ旅程を組む際の参考にしていただければ幸いです。

観光スポットを周る際に重要なジュネーブの公共交通機関の使い方についてはこちらの記事をどうぞ。

目次

パテック・フィリップミュージアム Patek Philippe Museum

ジュネーブの老舗高級時計メーカーであるパテック・フィリップの博物館。

展示室は地上4階まであり、1階は工房を再現したコーナー、2階はパテック・フィリップの時計の数々、3階は中世から現代に至るまでの時計のコレクション、4階は社史に関する展示という構成になっています。

見学の所要時間は2時間くらいですが、時計好きの方はもっと掛かるかも。

もちろん全て必見なのですが、特に見逃せないのが2階のパテック・フィリップのコレクションの数々。ひとつでも数億円はくだらないと思われるパテック・フィリップの時計がこれでもか!と大集合しています。

これまでパテック・フィリップが発表した様々タイプの時計がずらり!(2階)

また、歴史的な時計のコレクションも見逃せません。

時計が組み込まれたロザリオ、精緻な宗教画が描かれた時計、蝶の形をした時計など、時代を経るごとに時計がどのように変化してきたのかが良く分かる興味深い展示になっています。

鮮やかな蝶の形をした時計。ジュネーブの時計産業が持つ世相との結びつきや宗教的背景が良く分かります(3階)

時計のみならずパテック・フィリップの会社の歴史に関する品物も多数展示。こちらもなかなか面白いです。

写真や各種証明書など会社の歴史に関わる様々な文物が展示されています(4階)

1階には機械時計の機構や各パーツの説明があり、職人さんが実際に作業している光景を見ることもできます。

非常に細かい作業であることが分かります。パテック・フィリップの時計が高いのも納得?(1階)

外観はこんな感じです。

シンプルですっきりとした外観。

カバンや買い物袋は地下階のコインロッカーに預ける必要があります。コインロッカーの利用には2フラン硬貨か専用のトークン(ジェトン)が必要。料金はコインロッカー利用後に戻ってきます。

コインロッカー。トイレも近くにあるのでついでにどうぞ。

本博物館では注目作品について詳細に解説するオーディオガイド(英語・フランス語・ドイツ語)が提供されており、オンラインチケット予約時に合わせて予約することができます。

博物館の訪問自体は予約なしでも可能ですが、オーディオガイドの当日貸出は行っていないので、オーディオガイドを利用したい場合は必ず予約して行きましょう。

開館時間は大体午後2時からなので午後の日程に組み込むのがおすすめ。日曜日と月曜日は休館日です。

項目内容
住所Rue des Vieux-Grenadiers 7, 1205 Genève
営業時間火曜日~金曜日:14時~18時
土曜日:10時~18時
日曜日・月曜日:休館日
入場料大人:10フラン
学生(18歳~25歳):7フラン
子供(18歳未満):無料
公式ウェブサイトhttps://www.patek.com/en/home
2024年6月現在の情報です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次