【入国方法は?物価は?おすすめ宿泊エリアは?】サウジアラビア・リヤドを旅するためのヒントざっくりまとめ【2024年1月版】

当ページのリンクには広告が含まれています。

2019年に観光ビザの発給がスタートしたサウジアラビア。

以前はイスラム教徒の巡礼か商用でなければ入国するのが困難だった同国ですが、現在は積極的に観光キャンペーンを打っており、また国内の制度改革もあいまって、少しずつではありますが外国人観光客が訪れやすい環境が整いつつあります。

今回の記事では、そんなサウジアラビアの首都・リヤドを訪問した際に感じたことや注意点をまとめます。

既にかなり観光化されている他の湾岸諸国よりも異国情緒があり、まだあまり観光客スレしていない点はポイント高し!

目次

ビザの取得と入国

日本国籍者はビザの取得が必要

2024年1月現在、日本国籍保有者が観光目的でサウジアラビアに入国するには観光ビザの取得が必須です。

観光ビザはeVisaポータルからオンラインで申請が可能で、取得できる観光ビザは90日間まで滞在可能なマルチプルタイプです。

申請用のポータルサイトはこちら。

申請時に顔写真の画像データが必要なので、事前に準備しておくとスムーズです。いわゆる証明写真でなくても、スマホ撮影による写真で可能です。

ビザの費用と取得までの期間

これまでにポータルサイトを利用したことがない場合は、まず氏名やメールアドレスといった個人情報を登録してアカウントを作成します。ビザの取得にはビザ費用の他に保険料(サウジアラビア政府指定の保険に加入が必須)と手数料がかかります。

筆者が実際にビザの取得にかかった費用は以下のとおり。

各種項目費用
Visa Fee ビザ費用300 SAR
Insurance Fee (including VAT) 保険料180 SAR
Associated Transaction Fee 手数料8.51 SAR
合計488.51 SAR(約19,000円)

なおビザは申請から数時間ですぐに発行されました。

eVisaはPDF形式で登録メールアドレス宛に送信されます。

取得したビザは印刷しておくべきか

筆者は印刷環境が無かったため、取得した観光ビザをPDF形式でスマホに保存していつでも開けるようにしておきました。

入国審査時もスマホの画面を見せるだけで済みましたので、特段印刷して紙の形式で持っておく必要はないと思われます。

ただスマホの充電が切れていたりすると表示できないリスクがあるので、印刷して持っておくと安心かもしれません。

リヤドの交通(空港から市内&市内交通)

見渡す限りだだっ広いリヤドの幹線道路。

リヤドはカオスな車社会

リヤドは碁盤の目に広がる近代都市。市街地の範囲は非常に広く、市民の移動の足は車です。

車移動が前提の場所を旅する際にレンタカーを利用する旅行者は多いと思いますが、サウジアラビアの交通事情はあまりよくありません。例えば、運転は非常に荒く、路肩走行や2車線~3車線分の急な車線変更は日常茶飯事。旅行者がリヤドで自動車を運転するのは無謀と言わざるを得ません。

また大きな交差点以外では中央分離帯が長距離にわたって設置されていることが多く、地図上は近く見えても実際は大回りしないとたどり着けないこともよくあります。

近年問題になっているのが激しい交通渋滞。特に朝夕のラッシュ時にはほぼ車列が動かなくなるほどの渋滞が発生します。これに巻き込まれてしまうと数分の距離の移動に数十分かかることもザラなので、時間の決まっている予定(空港への移動など)はとにかく余裕を持って行動するのがおすすめです。

正直タクシーに乗っていてもハラハラすることが多いですが、ドライバーが道路事情に精通している(と思われる)分だけ幾分マシです。

公共交通機関もあるにはある

2024年1月現在利用可能は公共交通機関はバスのみ。SUICAのようなカードを購入して利用するようですが、路線がややこしく旅行者には難しいかも。

現在地下鉄が建設中なので、完成すれば市内の移動が楽になるかもしれません。

立派なバスの停留所。建設中の地下鉄との相乗効果に期待です!

旅行者は配車アプリ・タクシーの利用が便利

旅行者が市内を移動する際の足として有用なのがタクシー。UberとCareemといった配車アプリを使えば料金交渉やトラブルが避けられます。

Uber(ウーバー):タクシーが呼べるタクシー配車アプリ
Uber(ウーバー):タクシーが呼べるタクシー配車アプリ
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ
Careem – rides, food & more
Careem – rides, food & more
開発元:Careem
無料
posted withアプリーチ

いずれのアプリもSMSによる電話番号認証が必須。電話番号付きのSIMカードを契約するなど現地でSMSが受信できる環境を用意しておく必要があります。

2024年1月現在、キング・ハーリド国際空港の第1ターミナルは工事のため閉鎖中。第1ターミナル発着の航空会社は他のターミナルに振り分けられています。

またUberなどの配車アプリで第1ターミナルを到着地に指定した場合は、第1ターミナルでの乗降ができないため第2ターミナルなど別のターミナルで降ろされる場合があります。

リヤドでsimカードを購入する

キング・ハーリド国際空港第2ターミナル到着ロビーにある通信会社のカウンター。

空港の到着ロビーに通信会社のカウンターがある

キング・ハーリド国際空港の到着ロビー向かって右側に複数の通信会社がカウンターを設けており、SIMカードの購入が可能です。

SIMカード購入時に身分証(パスポート)の提示と指紋の登録が必要です。

筆者はstcを購入してみました

筆者は一番人が並んでいたstcを利用してみることにしました。対応は割とぶっきらぼう。

提示されたオプションは一種類で、通常のデータ通信4GB分とソーシャルメディア用データ6GB分、通話が300分ついてきて75サウジアラビアリヤル(約3,000円)。1ヵ月有効です。ソーシャルメディア用のデータ量が別途割り当てられているのがSNS大国サウジアラビアらしいかも。

無事にsimカードが有効化すると、SMSでsimカードに紐づけられた電話番号が通知されます。(通知はアラビア語ですが、10桁の番号が記載されていればそれが電話番号です)

公式アプリをインストールすると残り容量が確認できて便利。購入時にパスポートや指紋により個人情報とsimカードの情報が紐づけられているからか、電話番号のみで簡単にログインが可能です。

mystc KSA
mystc KSA
開発元:STC
無料
posted withアプリーチ

容量が足りなくなったら(stcの場合)

データ容量が足りなくなったら、追加の通信プランを購入すれば容量を増やすことができます。アプリから通信プランの一覧を確認できますが、それぞれのプランが直接購入できるわけではなく、対応する金額をチャージする必要があります。

チャージはクレジットカードを利用してアプリ経由で行うことができますが、筆者の持っている全てのカード(全て日本で発行)がはねられてしまったため、店舗に赴く必要がありました。

サウジアラビア以外で発行されたカードが利用できない可能性が考えられるので、データ容量がギリギリにならないよう目配りをしておくと安心です。

リヤドのおすすめ宿泊エリア

Al Futah地区周辺:観光至便だが雰囲気に難あり

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次