【台湾の人気バンド】燃える!五月天Maydayの元気が出るおすすめ人気曲4選【中国語の勉強にも】

当ページのリンクには広告が含まれています。

筆者はこれまで20年近く中国大陸・台湾・東南アジアの中国語曲を聴いてきました。

そのなかでも特に好きなのが、中華圏で随一の人気を誇る台湾のロックバンド、五月天(Mayday, メイデイ)。五月天の魅力は、馴染みやすいメロディーと深い歌詞。外国のバンドですが、感覚は比較的日本と近いような気がします。

歌詞の大半は中国語(一部台湾語)なので、中国語の勉強にも使えます

五月天の曲は「夢を見る勇気」「行動することの大切さ」「自分にとって大切なことを見極めること」について歌ったナンバーが多いです。

今回はそんな楽曲から、特に行動へのモチベーションの上がる4曲を取り上げます。

目次

第二人生 [第二人生/Second round](2011)

楽曲について

2011年発表のアルバム「第二人生」の表題曲。

アルバムは「末日版」と「明日版」の二種類が制作されました。

歌詞の主題

時間や体力を使い切ってから気づくのでは遅い。きっかけなんてどうせ来ないんだから、傷ついても行動しよう。自分の人生に名前を付けられるのは自分だけ。

人生に新しい展開を期待しつつもなかなか行動に移せない人々に向けた強めの応援歌。

MVについて

警察官、医師、不動産のセールス…様々な職業に就いて日々奮闘する登場人物たち。ただその中に楽しそうしている人物はいません。むしろ単調な日々に飽き飽きしているよう。

彼らは心の中では変化を求めていますが、自分からは何も行動しません。代わりに自分の人生を変える決定的なきっかけを待っているのです。そんなものはきっと来ないのに…

仕事場で五月天の歌詞のメッセージを聴き続けた彼ら。そのことに気づいたのか、中盤、ついに行動を起こします。

MVについて

MVの主演は、台湾の俳優:邱彦翔氏。

全聯福利中心(台湾のスーパー)のイメージキャラクターを務めていることから「全聯先生」として有名です。

さらに、2011年に社会現象になった台湾映画「那些年,我們一起追的女孩(あの頃、君を追いかけた)」でヒロインの結婚相手(主人公曰く「ぽっと出の男」)役を演じていました。

頑固 [顽固/Tough](2016)

楽曲について

2016年発表のアルバム「自伝」収録曲。

歌詞の主題

時を経てかつての夢が色あせてしまっても、心の中に残るかつての自分が「頑固」に向き合う力をくれる。あの頃夢を見てくれた自分に感謝して、「譲れないもの」を追求し続けよう。

それぞれの持つ人生で決して譲れないもの(=頑固)について問いかける楽曲。

MVについて

ロケットを飛ばすという夢を大人になってもなお追い続ける主人公の男性。コンビニ弁当と雑誌のどちらを買うかで迷ったりと食うにも困る状況のようですが、それでも彼は夢を諦めない。

そんな彼のひたむきさはやがて周囲の人々に波及し、主人公を応援するようになります。そして彼らも、「子供の頃になりたかったもの」があったことを思い出していきます…。

本PVのキーパーソンは主人公の脇で共に夢の実現に挑む宇宙服の人物。その正体はMV終盤で判明します。

MVについて

MVの主演は、香港の名優・梁家輝(レオン・カーフェイ)氏。

その他にも「我的少女時代」宋芸樺(ビビアン・ソン)氏を始めとする台湾の有名俳優が脇を固める超豪華なMVです。

有些事現在不做一輩子都不會做了 [有些事现在不做一辈子都不会做了/Do what you want to do now](2013)

楽曲について

2011年発表のアルバム「第二人生」の収録曲。

三商美邦人壽(保険会社)のタイアップ曲です。

歌詞の主題

「今やらなければ、一生やらない」という強めのタイトルの本楽曲。行動しない理由をでっちあげるのはもうやめて、行動、行動!

時間は待ってはくれません。

アップテンポのリズムにのせて、将来どうなっていたいか、そしてそのため今自分が本当にやりたいことをやることの重要性を訴える楽曲。

MVについて

五月天のメンバーが保険会社のサラリーマン?に扮するMV。保険会社とのタイアップらしく、地域の人々の生産活動に関わったり、営業をかけたり、と面白い?側面が見られます。

將軍令 [将军令/Your Legend](2014)

楽曲について

清末民初の著名な武術家・黄飛鴻を題材にした映画「ライズ・オブ・ザ・レジェンド~炎虎乱舞~」の主題歌として制作された楽曲。

時代劇を意識した東洋的な曲調が印象的。

歌詞の主題

自分が人生で成し遂げたいことは何か。何者で、どう生きてきたのか。これからどうしたいのか、何を信じるのかは全て自分で決めるのだ。命令されることに慣れてはいけない。英雄を待ってはいけない。

自分の生き方は自分で決める、という強い矜持について歌ったヒロイックな楽曲。

MVについて

モノクロに近い全体的に薄暗い画面と、台北市内で繰り広げられるパルクールが特徴的なMV。

街中に造られた構造物を縦横無尽に越えていく様は、決められたルールに縛られない自由な人生を象徴しているよう。

將軍令日本語版「Your Legend~燃ゆる命~」(2015)について

この楽曲は日本語版も制作されています。

日本語版なので歌詞のニュアンスは異なりますが、主題は同じ。こっちも結構カッコいいです。

筆者個人的な感想として、日本語がダイレクトに入ってくるからか本家よりちょっと恋愛感が強いかな?という印象で、守るものがある強さを感じました。

MVは本家とほぼ同じ。

おわりに

今回は聴くと行動へのモチベーションが上がる五月天の曲として、「第二人生」「頑固」「有些事現在不做一輩子都不會做了」「將軍令」の4曲を取り上げました。

五月天はとにかく名曲が多すぎるので、また別の機会にも紹介します。

以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次