【香港&イギリス&日本&韓国】シンガポールの外国系ベーカリー&カフェおすすめ6選

当ページのリンクには広告が含まれています。

新しいものが大好きで外国の流行りもいち早く取り入れるシンガポール。近年日本や韓国から出店ラッシュが続いています。

一方で中華系住民になじみ深い香港系のお店が多く出店していたり、植民地時代の名残からイギリス系のお店もあったりする一面もあり、バラエティーに富んでいます。

そんな数多くの飲食店の中でも、毎日のパンからデザートまで庶民のお腹を満たすベーカリーやカフェは日常生活になくてはならない存在。

今回はシンガポールに進出している外国系ベーカリーとカフェから、筆者おすすめの6店舗をご紹介します。

リーズナブルなお店が中心なので、シンガポール料理に飽きたらぜひ試してみてください。

目次

【香港】Tai Cheong Bakery(泰昌餅家)

ココナッツタルト(左)とエッグタルト(右)。

エメラルドグリーンの看板がシンボルのエッグタルトが名物のお店。

1954年に創業の老舗で、本場香港でもトップクラスの有名店です。

こちらのエッグタルトはタルト生地の香港式。大きめで食べ応えがあります。筆者のお気に入りのココナッツタルトも同じくらいのサイズでチェリーがのっていてかわいい。緑色が鮮やかなパンダンタルトもおすすめ。

4つ買うとオリジナルの箱にいれてもらえます。

2023年5月現在、シンガポールでは13店舗を展開。主要なショッピングモールにあるイメージです。ホランドヴィレッジ(Holland Village)の店舗にはカフェも併設されています。

筆者がよく行っていたのは、2路線使えてアクセス便利なCity Hall駅直結のショッピングモール、Raffles Cityのお店です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次