【人気沸騰】シンガポールのおすすめ中華系デザートショップ5選

当ページのリンクには広告が含まれています。

シンガポール国民は7割が中華系。彼らの多くは中国の南方(福建省や広東省)から労働者として渡ってきた中国人の子孫です。

そのような背景から、古くからシンガポールには広東の伝統的スイーツ(糖水)を提供するお店がありましたが、体に優しい素材を使っており健康維持や美容に効果が期待できることもあってか、最近人気が再燃。連日多くの若者で賑わっています。

最近では日本でも中華デザートが食べられるお店がじわじわ増えてきた印象がありますが、やはり本場のクオリティーと値段にはかないません。

今回はそんな最近ブームの中華系スイーツのお店を5つご紹介します!

目次

Jin Yu Man Tang Dessert Shop(金玉満堂甜品)

シーココナッツゼリーのキンモクセイのシロップがけはあっさり系。中国茶との相性も良いです。

シンガポール東部イーストコーストロードと中心部サウスブリッジロードに2店舗を展開する中華系(広東系)デザートのお店。

マンゴーや仙草ゼリーを使ったトロピカルなデザートがさわやかで美味しいですし、小豆を使った伝統的な中華系スイーツもおススメ。

中国茶や軽食メニューもあり、メニューの数がかなり多いです。夜遅くまで営業しているので、ランチタイムからシメのスイーツまで結構多用途に使えます。

特に夜の時間帯は地元の若者や観光客で賑わっており、並ばないと入れないこともあります。

筆者のおススメ店舗は、2022年にオープンしたサウスブリッジロード沿いの店舗です。トムソン・イーストコーストラインが部分開通し、アクセスが便利になりました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次